仮想通貨取引所

ビットフライヤー(bitFlyer)で口座開設・仮想通貨をもらう方法

ビットフライヤーは日本最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所で、特に仮想通貨FXが出来ることで人気の取引所です。

出資元は三菱UFJやみずほフィナンシャルグループや第一生命などの有名大企業が名を連ねているため企業としての信頼性も高い取引所です。

また、ビットフライヤーではビットコインをもらえる仕組みが充実しているため、口座開設を済ませたら是非たくさんのビットコインをもらって下さいね♪

bitFlyer
ビットフライヤーの特徴

仮想通貨取引量が多い

ビットコイン取引量 国内 No.1
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2019年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)
ビットコイン取引量 4 年連続 国内 No.1
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2019年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

取引量が多いということは相場が安定しているこということになり、ユーザーが取引所を選ぶ際の重要なポイントとなります。

ユーザー数が多い

仮想通貨サービス利用経験率 No.1
仮想通貨サービス現利用率 No.1
はじめて利用した仮想通貨サービス No.1
※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ

セキュリティが高くて安心

仮想通貨取引所セキュリティ No.1
※ Sqreen 社調べ。2018年1月発表、世界140の仮想通貨取引所を対象に調査。

ビットフライヤーは今までにハッキングされたことは一度もありません。

ビットコインをもらえる仕組みあり

ビットフライヤーでは取引以外でビットコインをもらえる仕組みが充実しています。普段行っているネットショッピングや様々なネットサービスをビットフライヤー経由で行うだけでビットコインがもらえます。しかも対応しているお店・サービスはなんと300件以上!

さらにお持ちのTポイントをビットコインに変えることも出来るのです。

将来的な資産価値を考えると、少しずつでも貯めておくことをおススメします。

ビットフライヤー口座開設方法

口座開設の流れは以下のとおりです。

  • STEP1 : アカウント登録
  • STEP2 : 本人情報の登録
  • STEP3 : 本人確認資料のアップロード
  • STEP4 : 銀行口座の登録
  • STEP5 : ハガキの受け取り

順を追って分かりやすく解説していきます♪

STEP1 : アカウント登録

コチラをクリック
↓ ↓ ↓

bitFlyer

ページが表示されましたら、ご自身のメールアドレスを入力して【無料登録】をクリックして下さい。

入力したメールアドレス宛にbitFlyerアカウント登録確認メールが届きますので、メール文中のリンクをクリックして下さい。

利用規約やビットコイン取引におけるリスク、取引交付書面についての確認事項全てチェックを入れて「bitFlyerをはじめる」ボタンをクリックして下さい。

その後、「パスワード設定」「同意事項確認」「二段階認証の設定」を行います。

二段階認証は、アカウントログインする際などに、スマートフォンなど別の端末で認証を求めるセキュリティ設定です。これによりセキュリティレベルが上がりますので必ず設定しておいて下さい。

おススメは認証アプリの使用です。

まずは携帯電話で『Google Authenticator』のアプリをインストールしてください。

iOS端末を使用している場合は「Google Authenticator」という名前で、Android端末を使用している場合は「Google 認証システム」という名前で検索して下さい。

インストールが出来ればビットフライヤーの画面でstep1に表示されるQRコードを読み取ります。

二段階認証アプリを起動した画面にて「設定を開始」をタップして下さい。
次の画面にて「バーコードをスキャン」または「手動で入力」を選択します。
ここでは「バーコードをスキャン」を選択して進めていきます。すると、アプリによるカメラへのアクセス許可を求められるので許可して下さい。

アプリによるカメラへのアクセスを許可したら、QRコード読み込み用のカメラが起動します。

ビットフライヤーの二段階認証設定ページ内step1のQRコードを読み込んで下さい。
QRコードを読み込むと自動的にビットフライヤーの二段階認証アカウントがアプリに追加されます。

ビットフライヤーの入力画面(step2のところ)にアプリ内に生成されたコード6桁を入力すれば二段階認証の設定は完了です。

2段階認証設定後はログイン時にIDとパスワードの入力終了後、二段階認証のコード(6桁の数字)が必要となります。また、このコードは30秒毎に切り替わる一時的なコードとなっています。

STEP2 : 本人情報の登録

本人情報の登録に進みます。
「本人情報の登録に進む」をクリックして下さい。

画面に沿って本人情報を入力して下さい。ここで入力する本人情報は、本人確認書類提出の際に使う書類の内容と相違がないようにして下さい。

STEP3 : 本人確認資料のアップロード

おススメはクイック本人確認です。

クイック本人確認は、QRコードをスキャンするか、メールアドレスに送られてくるURLをクリックしてアクセスします。
その後、本人確認用の書類を「運転免許証・個人番号カード・在留カード」の3つから選んで下さい。

bitFlyerは株式会社Liquidが提供している「Liquid eKYC」を利用しています。LIQUID eKYCは、本人確認書類や本人の容貌(顔)の撮影など全部で5つのSTEPがありますので、ガイダンスに従って手順を完了させて下さい。

本人確認書類は以下の3つから選んでアップロードします。

  • 運転免許証
  • パスポート(日本国が発行する旅券)
  • マイナンバーカード

STEP4 : 銀行口座の登録

次に入出金に使う銀行口座を登録ます。

銀行口座を登録することで、ここからビットフライヤーに日本円を入金し、暗号資産(仮想通貨)取引が可能になります。

登録する内容は、銀行名・支店名・口座種別・口座番号・口座名義です。

STEP5 : ハガキの受け取り

ビットフライヤーより登録した住所に確認はがきが郵送されますので、受け取りにより本人確認が完了となります。

【スマホアプリ編】bitFlyer (ビットフライヤー) の使い方

以下からビットフライヤーのアプリをダウンロードして下さい。

bitFlyer ビットコイン・仮想通貨 取引ウォレット

bitFlyer ビットコイン・仮想通貨 取引ウォレット

bitFlyer, Inc.無料posted withアプリーチ

販売所の使い方

販売所ではビットコイン以外にアルトコインの取引もできます。
アプリのホーム画面から販売所を選択して、取引したい通貨をタップします。

売りか買いかを選択し、注文する金額を入力、最後に注文の確定ボタンを押せば完了ですので、販売所での売買は非常に簡単です。

取引所の使い方

取引所で扱われている通貨はビットコインのみです。

自分の買いたい(売りたい)数量と価格を入力し、買う(または売る)ボタンを押せば完了です。

値動きの確認(ラインチャート)

各通貨タップでラインチャートが表示されます。

表示期間を1時間・1日・1週間・1ヵ月・1年から選択して下さい。
画面内に期間の最高値と最安値が表示されて分かりやすくなっています。

総資産表示

ホーム画面の総資産に部分タップすると、各通貨ごとの保有量と日本円換算の時価総額が確認できます。

各通貨ごとの保有量と時価総額を見ることで、常に自身のポートフォリオの確認をすることができます。

損益を一目で確認

赤枠の日次損益という部分をタップすると、日次・月次・年次においてのそれぞれの損益を一目でチャートで数字で見ることができます。

 

以上が口座開設とアプリの基本的な使い方になります。

ビットフライヤー口座開設まとめ

bitFlyerは一時停止していた口座開設を2019年7月から再開しており、2020年の仮想通貨相場の上昇によりユーザー数も増えています。

特にビットコインをもらえる仕組みは非常におススメですので、まだ口座開設をしていない人はスグに登録して、今の内からビットコインをどんどん増やすことをおススメします。